世界遺産や遺跡が大好き インドの旅その8

まずは門を比較してみた。

年季の入った黒ずんんだ門はムンバイのインド門。

新しく見える比較的綺麗な門はデリーのインド門。

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%89%e9%96%802
%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%89%e9%96%80

 

 

 

 

 

 

続いて世界遺産のクトゥブ・ミナール。

高さ72.5mあり、世界で1番高いミナレット(塔)らしい。

内側は378段のらせん階段があるらしいけれど、事故で死傷者が出てから立ち入り禁止だとか。

すごく狭そうだし、狭くて高いところ苦手w

登れなくてよかった・・・。

%e3%82%af%e3%83%88%e3%82%a5%e3%83%96%e3%83%bb%e3%83%9f%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%ab

次の世界遺産。

デリーにある、ムガル帝国の第2代皇帝フマーユーンの廟。

あのタージ・マハルの見本にもなったとか。

色合いがなんとも可愛い!

%e3%83%95%e3%83%9e%e3%83%a6%e3%83%bc%e3%83%b3%e5%bb%9f

そして次はアーグラにある世界で最も美しい墓廟と言われている、あの有名な世界遺産タージ・マハル。

ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンが愛する妃ムムターズ・マハルのために建てた墓廟。

ウィキペディアを読んでびっくり。

14人目の子供を出産して36歳の若さで亡くなっているとか!

年齢が自分と変わらない衝撃と、14人も産んでいる衝撃。

凄すぎる・・・。

それにしてもほんと美しい。

総大理石でできているとか。

バッチリの写真、1番よく撮れている写真にあぁー!!知らないおじさんの頭がー!ww

DSC_0866

3つ目の廟はアウランガーバードにあるこちらは世界遺産ではないビービー・カー・マクバラー。

通称貧乏人のタージ。

ムガル帝国の第6代皇帝アウラングゼーブの妃ディルラース・バーヌー・ベーグムの墓廟で息子が建てたそう。

タージマハルのように作りたかったけれど、お金がなかったらしい。

若干控えめというかコンパクトだけれど、それでも立派。

%e3%83%93%e3%83%bc%e3%83%93%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%9e%e3%82%af%e3%83%90%e3%83%a9%e3%83%bc

ちなみに建物の中、お墓中心部分。

お金がたくさん投げ込まれていて、お賽銭みたいな感覚???

%e3%83%93%e3%83%bc%e3%83%93%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%9e%e3%82%af%e3%83%90%e3%83%a9%e3%83%bc2

う~ん、遺跡が大好きな人にインドはたまらん!

↓イイネと思ったら・・・
にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
↑ポチッとお願いします

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。